ベストケンコーの徹底解説サイト!

医薬品の個人輸入に資格は必要ですか?

病院に行くのも恥ずかしいし、気軽に薬を使いたい!という方には個人輸入がおすすめです。でも、「それってなにか面倒な手続きとかいるんじゃ」とか「そもそも資格がなくてやって大丈夫なの?」という疑問はちらほらと耳にします。

 

しかし、個人輸入をするのに基本的には資格は必要ありません。また、面倒な手続きなどはキチンとした個人輸入代行業者を見つけることさえできれば、まるで通信販売のごとく気軽に利用することができるんですね。

 

例えばバイアグラ、例えばミノキシジル配合の育毛薬などなど、ちょっと恥ずかしいものを買うときには非常に便利ということです。とはいえ、いくつか注意点もあるのでかいつまんで説明しておきます。まず、その薬の使用はあくまで個人に限られるということ。例え家族でも自分以外の誰かに渡してしまってはいけないのです。

 

また、当然ながらそれを販売することも固く禁じられています。日本で認められていないのですから当たり前といえば当たり前ですけれどね。このように正しい使い方をしている限り、個人輸入には資格は必要ありません。しかし、ちょっとややこしいのが例えば向精神剤の一部には個人で使う分でも資格が必要なものがあるのです。

 

突然寝てしまう病気であるナルコレプシーに効果があるリタリンという薬の場合、一定量以下しか成分が含まれていないものは個人使用に制限はないのですが、一定以上の成分が含まれているものは資格がないとダメ、なんてものもあるのです。こればかりは使う薬によって違ってきますので、購入しようとしている薬のことをよく調べる必要がありますね。