ベストケンコーの徹底解説サイト!

医薬品の個人輸入の危険じゃないですか?

医薬品の個人輸入というとどうしても「えっ、それって大丈夫なの」とか「違法じゃないの?危険じゃない?」と思ってしまうことってあると思います。しかし、医薬品の個人輸入は全く違法ではありません。輸入できる量が決まっており、購入以外の使用は不可などと規制はあるものの、実は合法なんですね。

 

しかし、危険かどうかと言われたら絶対安全!とは言い切れないものであることは確かです。というのも、医薬品を個人輸入するということは、ある程度のリスクを負うということと同じ意味だからなんです。

 

まず、個人輸入は処方箋をもらわずにすることができます。ですから気軽な反面、その薬を飲んでなにか身体に悪影響が出たとしても全て自己責任なんです。外国では認可されているものの、日本では認可がまだの薬というのは山ほどあります。国が認めていない薬を飲んで身体の調子が悪くなったからといって、それは国の責任にはできないのです。

 

このようなケースはまだいい方です。というのも、個人輸入をするときには基本的には代行業者を使うものですが、この代行業者のサイトに詐欺まがいのものが紛れ込んでいる、またそこで売られている薬に有効成分が含まれていない、なんてこともザラにあります。

 

こういう悪徳サイトに引っかかってしまうと、確かに個人輸入には危険な面もあると言えます。しかし、きちんとした業者であればしっかりした品質の薬の購入手続きを代行してくれますので、そういったサイトさえ見つけることができればリスクをかなりの確立で回避することができるのです。