ベストケンコーの徹底解説サイト!

医薬品の個人輸入は薬事法違反じゃないの?

最近、医薬品を個人で輸入する人が増えています。しかしこう聞くと「医薬品の個人輸入って薬事法違反じゃないの?」と考えてしまいますよね。そもそも薬剤師なんて職業があることからして、一個人が薬なんか自由に輸入していいんだろうか、と考えてしまうのも当然のことですよね。

 

でも、実はこれ、大丈夫なんです。個人で医薬品を輸入することって違反にはならないんですね。しかし、国からすれば「合法」というよりは「特例で認めている」といったスタンスではあります。というのも、そもそも薬は人体に多大な影響を及ぼすものです。人の命を救うことも、EDを治すことも、薄毛に効くものだってあるのです。

 

しかし大きな効果を持つ薬にはそれ相応の副作用というものがあり、国民の安全を守らなくてはならない国としては「薬いっぱい輸入したいけどいい?」と言われて「うん、いくらでもバンバン輸入していいよ!」と首を縦にふるわけにはいかないのです。

 

基本的に個人輸入は薬事法にひっかからないとはいえ、いくつか守らなければならないことはあります。それが「薬の使用はあくまで個人に限る」ということです。友人、家族であってもあなたが輸入したものを第三者に使わせることは禁じられているんですね。

 

また、薬の種類によっても異なりますが、輸入するときの量も決められています。量を守り、個人で使う分にはまったく法律に違反することはありませんので、個人輸入で薬を購入しようとしている方は安心してくださいね。